メンタルケア心理士 金額/試験実費と通信講座

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

メンタルケア心理士は、およそ4ヶ月の期間で取得することができる、今話題の資格です。
一般的な心理カウンセラーというのは心の問題ばかりに注目してカウンセリングを行っているのに対して、このメンタルケア心理士の場合は、心と体の関係性についても学ぶので、
精神医科学や解剖生理学といった一般的な医学知識も学び、広い知識を習得することができます。メンタルケア心理士と聞くと、大卒でなければ習得できないイメージがありそうですが、指定の教育機関を受講すればだれでも受験資格を得ることができます。
学校に通うという選択肢もありますが、通信講座を利用する方法もあるので、今の仕事を続けながらでも取得できるという点でとても魅力的な資格です。

 

そのため、中卒でも高卒の方でもしっかりと勉強すれば、受験資格を得ることができます。
無事に試験に合格すれば、心理カウンセラーとして働くことや、今の仕事のスキルアップにもつながり、たくさんの人に役立つことができます。
とてもやりがいのある仕事に、今以上につける可能性が広がります。
中卒や高卒で学歴がなく、将来が不安と思っている方にこそ取得してほしい資格、それが「メンタルケア心理士」です。
ですが、これからスキルアップしていこうとしている方こそ、メンタルケア心理士の資格取得には実際、どれくらいかかるのだろうと心配になります。
そこで、メンタルケア心理士の資格取得には実際、どれくらいの金額がかかるのか、
またどうやってメンタルケア心理士の資格を勉強すれば一番お得に最短で資格を取得できるのかを詳しく解説していきます。

 

メンタルケア心理士になるためにかかる金額

 

メンタルケア心理士の資格取得の方法には大きく分けて2つの方法があります。
メンタルケア心理士の口座には、通学か通信の2種類の方法を選ぶことができます。
ただし、通学か通信かでは金額に大きな差があります。
まず通学の場合、心理医療系の専門学校では年間で100万円、高いところでは200万円近く学費がかかります。しかもこれは授業料だけで、他の教科書や専門書が必要となってきます。通学のための交通費なども別でもちろんかかってきます。
したがって専門学校であれば2年間通わなければいけないですから、相当な額になります。
ただし、専門学校といっても夜間だけコース、社会人向けのコースなどもあり様々なコースが準備されているところもあるので、自分の今の仕事などに折り合いがつくのであれば、通学でメンタルケア心理士の資格を目指してもいいでしょう。
通学のメリットは強制的に通うことになるので、確実に勉強する時間が確保できます。デメリットは金額が高く、通学に多くの時間をとられてしまうということです。

 

次に通信講座の場合、資格取得にかかる金額は平均でなんと10万円以下です。なかには5万円以下の受講料のものもあります。金額の面では通信の方が断然お得といえるでしょう。
通信講座ですと、おおよそ10万円以下で学べるものがほとんどです。中には5万円以下の受講料で済むものもあり、料金を抑えて資格取得を目指すならば、通信講座はとてもおすすめです。通学の場合ですと、カリキュラムに沿ってどんどん進行していきますので、自分の理解度に関係なく、授業料が進んでいきます。しかし通信であれば、自分のペースで進んでいけるので、仕事が忙しい方やなかなか通学の時間がとれないという人には通信がおすすめです。このように通信のメリットは金額が安い、自分のペースでできる、DVDで何度も復習ができる、短期間で学べるといったことがあげられます。
デメリットは自分のやる気次第でペースが変わってしまうという点です。

 

人それぞれ考え方は違いますが、金額の面では断然、通信の方が安く、お得といえるでしょう。特に金銭的に余裕がないという方には通信がおすすめです。

 

さまざまな通信講座があるけど金額はどうなの?

 

通信でいざ、メンタルケア心理士の資格取得しようと思ってネットで検索してみると、たくさんの種類があることに気づくかと思います。そこでどんな通信があり、どれが一番効率的で、おすすめなのか金額の面はもちろん、資格取得のしやすさの面でも解説していきます。
メンタルケア心理士の講座にはおもに3つの種類があります。
最初にいうと一番、金額の面でも資格取得のめんでもヒューマンアカデミーたのまなのメンタルケア心理士のコースがおすすめです。
1つめはTERADA医療福祉カレッジという通信があります、費用はたのまなと変わらない4800円で、学習期間も4か月ですが、無料延長期間が「たのまな」と比べて4か月も短く、しかも、添削問題は3回しかありません。費用は同じですが、サポート面ではたの
2つめは LEC ICara という通信があります。費用は「たのまな」よりも3000円安い45000円ですが、就職活動などのサポート面が充実しておらず、添削問題も3回しかありません。
そして最後がヒューマンアカデミーの通信「たのまな」です。最もおすすめの通信です。
費用は48000円で、4か月の学習期間でサポートは8ヶ月あります。
添削指導は6回も受けることができます。受講中の質問は、メール、FAX、電話や郵便などでいつでもすることができ、しかも、資格取得後、就職などの支援を受けられます。
ですので金額的にも資格取得の面でも、ヒューマンアカデミーのたのまな通信が最もお得といえるでしょう。

 

メンタルケア心理士 開業はこちら
メンタルケア心理士 過去問はこちら
メンタルケア心理士 給料はこちら
メンタルケア心理士 通信講座 期間はこちら

 

メンタルケア心理士の試験実費

 

 

メンタルケア心理士の資格取得には講義にかかる費用だけではなく、在宅試験にかかる費用もあります。メンタルケア心理士の試験の金額は在宅試験で、7,700円の実費負担がかかります。つまり何度も試験に不合格だとそれだけで費用がかかってしまいます。
メンタルケア心理士の合格率は40%前後で、決して在宅試験のわりに高くありません。
これはメンタルケア心理士に医療系の知識も必要とされるからです。
したがっていかにわかりやすいテキストで試験の傾向にポイントを絞って効率的に勉強できるかがポイントとなります。
ですのでメンタルケア心理士の資格に早く合格して、試験にかかる実費負担を節約するためにも、わかりやすい、受講者にそった通信を選ぶ必要があります。

 

最もお得にメンタルケア心理士になるには?

 

最もお得にメンタルケア心理士になるには、なんといってもわかりやすいテキストと授業で最短でメンタルケア心理士の試験に合格することが重要です。
そこで最もお得にメンタルケア心理士になるには通信のヒューマンアカデミー「たのまな」のメンタルケア心理士コースがおすすめです。
このたのまなのメンタルケア心理士コースのDVDには通学講座さながらのライブ講義が完全収録されているので、自宅で通学には決して劣らない、リアルな授業を受けることができます。
独学で勉強してもなかなか理解できない、精神医科学緒論から、面接技法、応用生活心理学、カウンセリング技法、精神予防政策学までをわかりやすく勉強することができます。
難しい専門用語の習得や重要ポイントなどを、講師が丁寧に解説してくれるので、短期間で効率よく学習することができます。
補講問題などの添削問題も充実していて、しかも学習に際しての疑問なども、メール、FAX、郵送で何度でも質問することができ、担当講師のきめ細かいフォローで最短でメンタルケア心理士の試験合格を目指すことができます。
もちろん、合格のしやすさだけでなく、さらに金額の面でヒューマンアカデミー「たのまな」はとってもお得です。なんと、受講料の20%が戻ってくる給付金制度付いています。メンタルケア心理士のコースは、対象講座で、標準学習期間内に講座を修了した場合、受講料の20%を還元する「心理学給付金制度」を導入しています。資格取得を頑張る人を応援するヒューマンアカデミー独自の給付金制度です。
また、他の通信とは異なり、自分への理解を深める「交流分析・エゴグラム」がついてきます。この交流分析エコグラムは「TA理論」に基づいて自分の心の声に耳を傾け、自分を知ることができ、より効率的に学ぶことができます。

 

メンタルケア心理士になるために教育ローンを活用しよう

 

メンタルケア心理士の通信講座は総額でみると、ちょっと高いように感じるかもしれませんが、教育ローンを組むことが出来るので月々軽い負担で、メンタルケア心理士の資格取得を目指せます。
なかなか最初に一括で万単位のお金を用意するのは難しいかもしれませんが、月々の分割の教育ローンを利用すれば、負担も小さくなり、将来、確実に役立つ資格を取得することができます。しかもメンタルケア心理士の通信はテキストに試験範囲がすべて載っているので、別に参考書を購入する必要もありません。
何か受講しないと資格を取れないなどの心配もないので、この通信講座のお金さえ支払えば問題ありません。
ヒューマンアカデミー「たのまな」では、受講者のコトを考えて、教育ローンを組むことが出来ます。
受講料3000円以上、月々のお支払い3000円からが対象になります。
パソコンやスマートフォンから簡単に申し込むことができ、分割の支払回数が少なければ少ないほど手数料の金額が安くなりますので、毎月の支払とのバランスを考えて分割回数を選ぶようにしましょう。
メンタルケア心理士を学ぶ費用も毎月の家計を圧迫するようなものではなく、手軽な金額で始めることが出来ます。

 

お金を節約するためには合格しやすい通信講座を選ぼう!

 

 

一般的な通信講座のテキストでは、ただ解説してあるだけで、なかなか理解しづらいだけでなく、全てを学ぼうとして、効率が悪いものあります。
ヒューマンアカデミー「たのまな」のテキストがわかりやすく、合格しやすい理由、それは「合格虎の巻」にあります。この合格虎の巻にはメンタルケア心理士の合格により近づくため、傾向と対策を盛り込んであります。基本的なテキストを試験前に見直していれは全ての分野を見直すとかなりの時間と労力がかかってしまいます。
合格虎の巻は試験の傾向と対策のポイントがしっかりと絞ってあるので、学習の総まとめに活用できます。
たのまなのテキストの特徴として、オリジナル添削問題集があります。このオリジナル添削問題集は、レポート、補講問題、模擬試験、修了テストの全6回分で着実に知識を身につけていけます。
ぜひ、金額の面でもお得にそして確実に試験に合格していくために、自分にあった講座でメンタルケア心理士の勉強を頑張りましょう。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑